美容常識の最新情報からブームをピックアップ!

美肌になりたければ、美白コスメを使うのが常識。

どうして『美白=アンチエイジング』の公式が成立すると思いますか?それは、透明感あふれる明るい肌なら、印象年齢も若くなるからなんです。美容医療業界では、形を変える意外だと肌をなめらかにするのが若く見せたい時の王道だと言われています。そうすれば、ツヤと明るさが出て透明感が増すからなんです。多くの人は『白(明るい)⇒清潔感⇒ピュア⇒若い』の連想により、肌から相手の年齢を計算します。また、生命力や幸せオーラ、リア充感、きちんと感、品格までも見出します。もはや、肌から生活や性格まで丸見えなんです。だから『美白=アンチエイジング』なんです。

美白美容は、どう変わっているのか?

焼けた肌色やシミにこだわるなんていう時代は、もうすでに終わっています。紫外線だけでなく、さまざまな光や環境ストレスなどが肌の老化を引き起こすということがわかってきています。例えば、パソコンやスマートフォンの画面から出ているブルーライトは肌の奥にまで届いて、肌細胞に悪い刺激を与えています。そんなブルーライトは“紫外線よりも怖い光”だと言われています。そういう昨今だから、夏だけでなく1年中、美白コスメで肌を守るのが常識中の常識になっています。「焼けて色が戻らない」「焼けたあとのシミが気になる」・・・そんなトラブル対策のためだけに美白コスメを使うのはやめましょう。環境や日々の生活や年齢で積み重ねてしまうもののように生きている限り避けがたいものに抗うために使用するのが、今の美白コスメの役割となっています。

品川美容外科の判例について調べる