体のラインを保つ!歩きながらできるちょっとした引き締め体操

歩きながら息を細く長く出す

電車からオフィスまで歩いているときも体のラインを整える大チャンスです。姿勢をよくして歩くことはもちろんですが、このときに息を細く長く吐く練習をしてみましょう。4秒間吸って、4秒間吐きましょう。息を吐くときに唇を細めてあげると息を長く吐くことができます。息を長く吐くためには腹筋と背筋の支えが必要なので、お腹周りの引き締め効果はバツグンです。はじめは少し難しいかもしれませんが慣れると案外簡単にできますので、トライしてみてください。

足と体が交差しているイメージで歩く

歩くときには少しスピードを上げるとエネルギー代謝を上げることができますが、このときに上半身が全く動いていない人がいます。実は歩くときは上半身の動きがとても大事で、フォームによっては下半身だけでなく上半身の運動効果も期待できます。イメージとしては、右足を前に出すときは上体を右にひねって左手を大きく前に出してください。左足を前に出すときはその逆です。このフォームで少し大げさに歩くことで、腹斜筋というおなかの横側の筋肉が鍛えられ、くびれを作ることができます。

かかとからつま先へ体重を移動

普通に歩いているとなかなか足の裏を意識することはないかもしれませんが、足の裏をどのように接地していくかでエネルギー消費量が変わります。歩くときはつま先からつけるのではなく、かかとからつま先の順で足の裏をつけると体全体の筋肉が上手く動いて引き締め効果が出てきます。また、足の裏の筋肉を動かすことで、足に溜まった老廃物を除去する効果もあるのです。

品川美容外科の提訴について調べる