筋肉を増やそう!!かくれ肥満タイプの美ボディづくり

これ以上の体重減はNG

痩せているけど内臓脂肪が多いという女性は意外と多いものです。このかくれ肥満タイプの人は現状の体重を減らすことは考えないほうがよく、もし、体重を減らせば脂肪と同じだけ筋肉が減る危険性があるので気を付けましょう。体重を減らしたり、キープすることを考えるよりも先に、今ある筋肉を維持する、あるいは増やすことをまず第一に考えるのが大事ですよ。

筋肉工房に必要な食を欠かさない

筋肉は20代をピークに少しずつ減少し始めます。その減少を穏やかにしたり、むしろ増やすというのであれば3食、たんぱく質を摂取するのが鉄則ですよ。特に朝は不足しがちなので、しっかりと摂りましょう。1食で摂りたいたんぱく質は若い人なら体重1kgに対して0.26gなので、体重が50kgの若い女性なら1食あたり13gのたんぱく質が必要ですよ。また、たんぱく質の中でもアミノ酸のロイシンが多く含まれるものをチョイスしていきましょう。

筋トレやジャンプをしよう

筋肉には速筋と遅筋があり、ウォーキングで鍛えられるのは体の動きを支え、長時間力を発揮してくれる遅筋です。しかし、加齢によって衰えが見えてくるのは速筋のほうなので、ウォーキングよりも先に筋トレなどで主に速筋を鍛えていきましょう。また、なわとびなど地面に対して垂直に負荷がかかる動きは骨を少しでも丈夫に保つために必須ですよ。筋トレを習慣化しつつウォーキングで体内の血流を促しながら両方の筋肉をバランスよく維持できるように鍛えていくといいでしょう。筋量の増加で体重が増えることにナイーブにならないことが大事になりますよ。

品川美容外科の起訴について調べる